SFAを導入するポイントとして

多くの会社ではいかに業務効率を高めていくかということを常に考えています。そこで最近注目されている物がSFAと言われているものになります。これは上手く導入する事で劇的に業務改善を期待できますがこれを導入するためにはいくつかのポイントがあります。まずは自社のセールスの活動状況が上手く把握できていないというときにはおすすめです。やはり自社のセールスがどのくらいの数字を上げているかが分からないと課題も見えてこないため、なかなか把握できていないところにはおすすめです。そして出てきた問題点をどのように洗い出していくかということも大事になりますし比較的容易なシステム運営が出来るかもポイントになります。さらに日頃の維持についても手軽にできるかという事もメリットとしてあるため、業務量を減らしていきたいという会社にもSFAはおすすめです。

セールスの視点からみたSFA

SFAを取り入れて会社全体を効率化させていく事で様々なメリットがありますが、これには様々な立場の視点からメリットを感じる事が出来るという事があります。そこで実際にセールスを行なう現場の社員が感じた点としては自分が次にどのような動きをしていけばいいのかという事が分かります。そのため今までの自分が取ってきた行動で反省しなければいけないところ、さらにはここからどのようにしていけば上手くいく確率が高いかも分かるようになりますので、会社の業績アップに繋がっていきます。さらに毎日データを入力するようなシステムをきちんと習慣化していく事で、ケアレスミスを防止するという事が出来ます。そのため仕事の成功率もとても高くなります。さらに報告するフォーマットも統一化する事でアドバイスももらいやすいですし、他の上手くいっている人の行動等も参考にする事が出来ます。

マネージャーから見たSFAの容易さ

SFAは導入する事で会社にたくさんのメリットがあります。これは実際に営業を行なう現場の社員にも感じられる物ですし、たくさんの社員を束ねるマネージャーにとってもメリットがいくつもあります。まずはそれぞれの営業社員が実際にどのような営業活動を行っているかという事が見えるということがあります。そのためそれぞれの社員ごとに適切なアドバイスや活動報告を受け取る事が出来るということがあります。そのため営業の社員一人一人のレベルが高くなっていくという事があり最終的に売り上げに大きな影響を与えます。そしてそれぞれの社員の数字についても容易に管理しやすいという事があります。そこでマネージャーは数字の取りまとめに時間を割かれるという事がなくなり、そこの時間を他の業務にあてることが出来るため更なる会社の業績アップに繋がっていきます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です