自分の会社でSFA導入を決めた理由

自分も会社をやっていますがどうしてもデータ管理という物をいかに上手く行なうかという事が課題になっていきますし、ここの効率化こそが自分の会社の業績アップに繋がっていくと考えています。会社では様々な部門があり、それぞれ扱っている物が全く違ってきます。そして部署ごとで数字等の入力を行なってもらっていますが、最終的にはすべての責任者である自分のところに報告書が来ますが、そのときにそれぞれの部署の数字を勘案して読んでいくというのがとても面倒です。しかしSFAを導入する事でこうした報告書も読みやすくなりましたし、そのおかげで次に取るべき戦略等も具体的にイメージしやすくなってきたという事があります。さらに今まではエクセルですべての部署に管理をさせていましたが、何年も行なっていると情報量が多くなりこちらが必要な情報をピックアップしづらくなった事がありますが、SFAで容易になっていった事があります。

SFAを導入する前に考えたい事

最近では多くの会社で業務効率を高めていこうという事が言われていますが、このときにSFAというものが最近では注目されていて多くの会社で導入されているシステムになります。しかしこれを導入するときに勢いだけで入れてはいけないと言う事があります。まずこれを導入するのはどういった目的であるかということをしっかりと考えて、その目標の達成のための機能は備わっているかという事を調べていく必要があります。いくら良い機能があっても自社で使わない機能であれば導入しても意味が無いです。こうしたSFAは様々な買う社が出していてそれぞれ違った特徴があります。そのため自社の取り入れたい機能が一番多い物を選んでいく必要がありますし、さらにはカスタマイズできるようなところの製品を選んでいく必要があります。そしてコストもとても大事で費用対効果が高い物を選んだ方がいいです。

顧客の満足度を高めるためのSFA

最近では会社の利益を高めていくという事と同時に業務効率を改善させていくという事でSFAというものが多くの会社で導入されています。これを取り入れた場合に会社内での業務効率を改善させたり営業の中身を見やすくするという事がありますが、実際のところそれ意外にも効果があります。最近では顧客満足度を高めていきたいという事があり、この満足度が高まれば自然とお客が集まってきて売り上げが上がるということがあり、多くの企業が力を入れている分野です。そこでこのSFAはとても効果的です。まずはお客の声がダイレクトに入ってくるという事があり、これにより自社の問題点を見つけやすくなるという事があります。そしてその問題点を改善した事でどのくらい効果があるかも見やすくなるという事があります。さらにお客の声の中から様々な意見を抽出しやすく、問題点をより深く掘り下げて一気に改善できるという事があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です