エクセルより便利なSFA

会社で営業活動をしている時、以前の会社ではエクセルで議事録を作ってプリントアウトして保管したり、データとして残したりしていました。もっと昔の頃から考えると、それだけでも十分SFAとしてエクセルが活用されていると言えるかもしれませんが、今ではそれだけでは不十分です。たとえば、クラウドを利用して他県の支店の営業部の人と情報を共有したり、ソフトやサービスを利用して企業へのアポイント確認や、訪問履歴などを全社員で共有ひたりすることができるようになっています。そうすることで、アポイントの行き違いも少なくなり、さらに誰もが営業の進捗状況を把握できるので、取引先への対応や引き継ぎもスムーズにできるようになります。情報共有が徹底されている会社は取引先からの信用も厚くなります。その点からも、SFAをしっかりと行なう必要があると思います。

SFAを使った営業管理

現在、私が仕事で使っているシステムのうち、最も効果が高いと感じているのはSFAというものです。これは、SalesForceAutomationの略語です。日本語に訳すると営業支援システムになります。具体的には、お客様の情報を管理したり、日々の営業日報情報を蓄積したり、また売上や成約見込を管理したりするシステムです。営業マンは基本的に単独行動が多いため、案件情報の共有やスケジュール管理などもしづらいものです。それらを、一つのシステムに統合することで、営業マン同士や管理職、社員同士での情報共有を行うのがこのシステムです。これまでは、ほぼ個人任せだった顧客情報の管理も、SFAを導入することで一元管理されるようになり、異動の際などの引き継ぎもスムーズに行うことができるといった効果もあります。営業マンの情報管理で悩んでいる場合はとてもおすすめします。

情報を連動して営業活動に活かすSFAの魅力

SFAは企業での営業をパソコンなどITを使用して効果的に管理し、営業における業務を支えてくれるシステムです。営業活動にはその進展や内容を報告する営業日報などの書類作成が必要になりますが、SFAの導入で、その作業がオンラインから行えるようになります。またその形態も随時更新型でありますから、他のメンバーもオンラインで閲覧できるようになり、多方面から足並みを揃えて効率的な営業が可能になります。例えば、メンバーの一人がA社で契約を交わした場合、その結果はシステムでつながる全メンバーが瞬時に知ることができますので、A社との契約というリアルタイムな事実が、他のメンバーの営業に有利な条件として活用できます。また、契約内容やその経緯などの記録も閲覧可能ですから、SFAを用いることにより、有効な情報を連動して営業活動に活かすことができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です