SFAで品質管理を行なう

最近では会社の業務効率でSFAを導入されるところが多くなってきています。単純に会社の業務効率を高めていくという事や売り上げ管理を以下に容易にできるかという事ばかりが注目されていますが、実際のところ様々なところで活躍できるシステムであるという事があります。工場等の現場の品質管理が最も重要な場所でも大活躍になります。工場で書かなければいけない報告書等は多岐にわたりますが、SFAを導入することにより一元化が出来ます。そのため時間の大幅な節約になります。そして品質管理についてもここに登録されているデータを元に管理が出来るため、常に良い状態の品質をつくる事が出来るようになるのと同時に品質のレベルの底上げが出来るという事があります。そして工場と本社でそれぞれのデータを簡単に共有する事が出来るのもメリットとしてあります。

SFAとは何かについて

「SFA」とは、顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して、後方支援するためのシステムのことです。営業活動では、顧客の社内情報や取引傾向、過去の商談や競合他社の情報などが成否の鍵を握っていると思いますが、これらの情報は普通、営業担当者個人が持っていて営業部門では共有が難しいのではないかと思います。そのため、営業担当者が急に変わった時に過去の情報が円滑に引き継がれずに徐々にその顧客に対する営業活動が衰退してしまう恐れがあります。しかしSFAでは、営業担当者個人に留まりがちな有用な情報を、システムで共有化することで営業活動の促進を図っています。また、日報を元にして上司がアドバイスをすることが出来るので、良いシステムなのではないかと思います。最近では、営業担当者が情報を登録や参照をしやすいように、携帯電話を活用したSFAが増えてきているそうです。

SFA導入のメリットとは

一般的に「SFA」と呼ばれるシステムは昨日や価格により色々ありますが、おおむね営業が日報をWeb上から入力すると、会社や担当者情報が入ったデータベースと連携して、営業ごと、会社ごとに情報が格納されます。管理者は営業ごと、顧客ごとの商談進捗を確認することが出来ます。また、全体の商談進行や売り上げ管理などを「見える化」させることが出来るのが最大の強みだと思います。こういったSFAの機能は、商談進捗や顧客情報を正しく把握し、営業プロセス管理し、標準化や最適化をすることに目的があると思います。つまり、管理者側を優先して設計されているシステムなのではないかと思います。BtoB領域のCRMシステムといえば、「SFA」と言われるくらい最近では広く認知されて、中小企業でも導入されるようになったのではないかと思います。

私の周りの会社さんでもSFAを導入するところが増えています。特に営業会社に多いですね。ネクストSFAというものを導入したそうですが、開発元の企業がテレアポ主体の営業会社らしく、プッシュ系の営業スタイルに特にあうSFAのようです。マーケティングやナーチャリングなんていう流行りのスタイルはプル型の営業スタイルのイメージが強いので、プッシュ系に特に強いSFAというのは珍しい気がします。その会社さんも営業スタイルがテレアポがメインのようで、問題なく使っているようです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*